glimpses shared by our authors
  • The summer night is calm, around the small village of hardly few hundred people, with little moist air aiding the natives to stay asleep till the dawn. hot summer day ...
    read more
  • ボスは死んでいる。では目まぐるしく動く目の前のこれは誰の意志によって? 「あんたにつく」砂山はゆっくり両手を広げて降伏を示した。「革命は成功しない。俺はこの船を手に入れたい。だからボスであるあんたに従う。賢い選択だろう?」 女は銃を構えたまま、薄く笑んだ。「あなたが船を手に入れることはない。この船は渡さない。それでも?」 わかりやすい挑発は、わざとだ。この船を奪いたくてたまらない盗賊として、彼女が付け入る隙を与えるのだ。 「あんたの側にいれば船の操縦も管理もすべて見られるんだろう?堪らないね」 「そんなに欲しいかしらね、この古い船が」 「欲しいさ」 女の銃に弾が込められる音がした。 「だったら撃つ、と言ったら?」 思惑通りだ。砂山は口角が上がるのを隠さない。 「殺さない方がいいな。俺は革命軍からあんたを守ることもできるし、こう見えても頭は悪くない。利用価値はあるぜ? あんたもそう思ってるんだろう、じゃなきゃもう撃ってるはずだ」 「その通りね」女は銃を下ろした。「可哀想に、エリンはあなたをずっと待っていたのに」 エリンの名を呼ぶ口調に少しの気安さがあり、意外に思った。 エリンから聞いていた話にはずいぶん嘘があるのかもしれない。 「彼女がどう思っているかは俺の預かり知るところじゃないさ」 「それもそうね……上着を脱いで。持っている武器を全部捨てなさい」 言われた通りにマントを脱いで放る。武器は何も持っていない、と首を振り、女が手で砂山の全身を改めるに任せた。 「持っていないからといって、何も意味はないけれど……素手で私の首を折るくらいできるでしょうから、あなたなら」 「そうだな。すぐに殺せる」 女が砂山を見上げる。黒い瞳。紅い唇。似ているようで全然違う女。 しばらく見つめ合い、どちらからともなくくすくすと笑いが漏れた。 「俺のボス、俺の女王様。あんたに忠誠を誓おう」 「私の犬になりなさい」冷たい指が砂山の頤に触れる。そのまま頬を撫で、唇を辿り、口の中に入って舌を嬲った。ぞくぞくと背筋が震え、
    read more
  • As I write these lines, many years down the line... where I closed the circle. A lot of hollow moments. We were intense, but only for a second. It was ...
    read more
  • Wade and I are driving back to Hemet after having gone over to Steve's house last night. We went there because he lent us $100 until Wade gets his next ...
    read more
  • I feel like I'm trapped in purgatory, like the world is passing me by. I feel aimless, lost in the void, drifting across the black, open starfield of uncertainanty and ...
    read more
  • "I'm very sorry to announce that I won't be coming home for Christmas this year. I will be stuck at work and therefore I won't be able to attend the ...
    read more
  • She runs hot and cold man! Making a big deal out of small stuff...I do understand she is boss and all...but seriously - there is a reason I have stuff ...
    read more
  • You ask why i'm thinking like that? I blame it on - patterns. Patterns have a weird way of sticking in your brain. Have you ever noticed that its extremely ...
    read more
  • It was April 2007, the ground still covered with snow from a late winter storm that had dumped six plus inches on the ground. I was huddled in the basement, ...
    read more
  • The date is Sunday, the first day of October in the year 2017. My name is Richard, I'm 27 years old and I decided to finally start making money with ...
    read more